UCHI海ASOBI 

ASOBIをせんとや生まれけむ、
      たわぶれせんとや生まれけん、

 大村湾の静かな浦の、小さな催しのご案内。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
またまた過去日記~大分市美術館~ 12:51
0

    昨年秋。
    居候Nちゃんが見たいと言っていた「草間彌生」さんの作品展に、Nちゃんを引き連れて行ってまいりました。

    大分市美術館。

    入り口の広場ではぞうさんがお出迎え。
    「ぱお~ん!!」

    「永遠の永遠の永遠」というタイトルの展覧会で、会場内には、幻想的なミラーと水と光の永遠の間がありました。
    どこもかしこも水玉ミズタマみずたま!!!
    途中、写真を撮っても良い空間が用意されていて、眺めて回るだけの展覧会よりも、観客まで参加できたかのような演出が断然良かったです。

    独身時代は結構頻繁に美術館に通っていましたが、最近はめっきりだったので、「人の勢いに便乗してみるのも良いものだ」と思いました。

    正直、作品自体には特別な感情は持てなかったのですが、妙なもんで、『美術館の方々のおもてなし』というか、展示の工夫とかに関心が行ってしまい、思いがけず感激してしまいました。

    きっと大変だったであろう設置の苦労を想像すると、その陰に「観る人を楽しませたい」というおもてなしの気持ちがありありと感じられたからです。
    舞台裏の事情は分からないので、あくまでも私の妄想に過ぎませんが。

    美術館の外にもオブジェがあります。

    ちゃっかりコラボ。


    あれ?エントランスのガラスに貼られた水玉模様と傘立ても影でコラボ?


    大分市美術館は緑に覆われた小高い丘の上。
    いつもとはちょっと違うテンポで過ごせる、素敵な秘密基地でした。








     
    | たまには旅へ・・・ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 557LOVE - -
    あけましておめでとうございます2014! 22:52
    0

      あけましておめでとうございます!
      ・・・って、本当は喪のお正月なんですが。

      珍しくパートナーと一緒に過ごせたお正月(いつもはお仕事)。
      ゆっくりすればいいのに・・・、一緒におせち作っちゃいました!
      わたしはただのアシスタントでしたけどね。


      携帯で撮ったのでピンボケ気味ですね。

      左上の焼き魚は釣った鯛を味噌漬けにしておいたもの。
      右上の卵は、エビとはんぺん入りで、いわゆるお寿司屋さんの鞍掛(くらかけ)と同じ。
      その下のハスは酢バス。
      その下は鯖の昆布巻きです。
      海老は糸島で買った活き車海老(すっごく新鮮ピンピンでした!)。


      29日に家の前で釣ったアジの南蛮漬けと、さんまのコンフィ(手前の小皿)。
      右上は田作り。
      真ん中の銀杏は拾い集めたといういただきもの。
      中の薄皮を剝くのが面倒だった〜!!


      定番の煮物。


      オイルサーディン。
      これも29日に家の前で釣ったイワシで。


      リクエストして作ってもらった牛すじ煮込み。


      手作りようかん♡


      その他の甘いモノ♡


      新メニューのテリーヌも添えて、いただきま〜す!!


      ぽつ、ぽつ、ぽつ・・・ですが頑張って更新してみます。
      ちょこちょこ覗いてくださっている皆さん。
      ごめんなさい!
      今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!








       
      | 日々のこと | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 557LOVE - -
      京都行ってました。 14:10
      0
         

        今日は京都最終日。
        朝から旅の恒例、荷物を梱包してコンビニへ。

        ちょっと前まではかなり無理して大荷物を持ち歩いていましたが、その後遺症の肩こりや活動意欲の低下を招くよりも、途中で思い切って荷物を送ってしまったほうが、旅もフットワーク軽く純粋に楽しめて、(送り賃がもったいないので)お土産もその場でしか買えないようなものを厳選して購入するので、総合的に考えると合理的な気がして、今では旅行中に2回ほど荷物を自宅に送ることもあります。
        一回の外出の途中のコインロッカーもちょこちょこ利用します。

        宅急便の会社の支店があったらそこが一番安くてお得なのですが、無かったら郵便局。
        今回は日曜日だったのでセブンイレブン(ナナコポイント貯まるし♡)から送りました。

        また、今回は事前に予定を立てられなかったので、無計画のまま連泊にしたのですが、連泊はかなり楽ちんでした。

        冷蔵庫には飲むヨーグルトの大瓶や水を入れっぱなしで滞在中に毎日飲めたし、ホテルを移る気苦労や手間が省けるし。
        交通の便がいい京都だったから特別なのかもしれませんが、今後の旅でも、回りやすいところだったら連泊にしようと思いました。
        荷物も最終日かその前日にまとめて一回送りに行けばいいし。

        さて、最終日のランチは「ここで。」と決めていました。


        『いづう』さんの鯖寿司。

        美味しい!!でもかなりの量で、大食漢の私も最後の二きれに苦労しました。
        ご飯がぎゅ~っと固めてあるので、きっとスゴイ量です。
        っていうか・・・、普通一人で(特に女子が)食べる量ではないのでしょうね・・・。

        さあ、腹ごなしをしなければ!
        と思いつつ、気になっていた喫茶店『フランソア喫茶室』へ。

        文化の香る店内(しかも建物は国の登録有形文化財だとか)。


        近くに座ってたお客さんが写真をパチパチ撮っておられたのでなんとなく便乗してパチリ!
        (良かったのだろうか・・・。(汗)



        カップ&ソーサーも昔ながらのものなのかなあ。
        可愛い!

        限界を越していたにも関わらず、お店の方から「ここの名物ですから。」と、二回勧められてついついケーキを注文。



        「ザッハトルテ」。
        厚いチョコレートコーティングはとっても濃厚。
        チョコレートスポンジの間に塗ってあるジャム(ママレードかな?)もいいアクセント。

        一番の驚きが、見た目に反して甘さ控えめであったこと。
        そして「おそらくこっちを甘くしてあるんだろう」という予測を見事に裏切り、添えられているたっぷりの生クリームも全く甘くない。
        もちろん私は甘さ控えめがほうが好きだったので、嬉しい裏切りでした。

        さあ今度こそ腹ごなしをせねば!


        神社の裏に回り込んで・・・。
        てくてく歩いて向かった先は生活雑貨のお店『木と根』さん。
        作家さんものの食器なども扱っていて、奥にはカフェもある、雰囲気のいいお店でした。

        が、私の食器の好みは更に渋いものなので、目で楽しませてもらって次の目的地へ。



        ビルが丸ごとモノづくりを公開する為のアトリエになっている『つくるビル』。

        まだ入居者も募集中で未完成のプロジェクトのようですが、ビルごとカワイイ空間です。



        今からどんどんいろいろな「アタラシイコト」が始まるのでしょう。

        ドアが開いていたひとつ『モノコトショップ』さんを訪ねると、可愛い水引の正月飾りやお箸袋のアクセント(松竹梅)、箸置きやおせち飾り、和紙の水引付き封筒などが販売されていました。
        定期的に教室も開いておられるようです。
        「長崎から」だとお伝えすると、ご主人が「波佐見焼きを盛り上げるための企画」をされているとか・・・。
        詳しくは伺いませんでしたが、面白い御縁だなー、と。

        いくつかお土産に購入してお隣りの『マルニ アトリエカフェ』へ。
        自家製シロップのソーダ割りで渇きを潤し、いよいよ京都とお別れです。

        大阪経由で長崎へひとっ飛び。
        連休最後の一日はゆっくり身体を休めて旅を振り返るとするか・・・。

        いつものように、観光地には一切行かない旅行でしたが、私にとってはとても充実した楽しい旅でした。



        | たまには旅へ・・・ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 557LOVE - -
        京都行ってました。 00:37
        0
           

          う~ん、素敵な看板!
          通りすがりの大学前にて。
          サークル活動の勧誘用なのでしょう。


          京都二日目。
          今日はバスと叡山電車を乗り継いで、一乗寺の『恵文社一乗寺店』へ。
          個性的な本屋さん(京都は個性的な本屋さんだらけですが)と雑貨屋さんで成り立つお店です。

          先に入った雑貨屋さんでは、胸キュンな紙雑貨にたくさん出会い「あ~困った。あ~困る。」とつぶやきながらお買い物。

          隣りの本屋さんでも嬉しい出会いがありました。
          高校生時代に集めていた「白水社のuブックス」シリーズのうちの1冊を発見したのです!
          こんなの↓


          高校生時代の前半、わりと純文学系ばかり読んでいた私がかなり刺激をいただいたシリーズ。

          陽の当たらない、温度までちょっと下がっちゃうような、一本裏道を覗いてみた感のある、(当時の私にとっては)ダークな雰囲気を醸し出しているシリーズなのです。

          14、5年ほど前に長崎の書店で尋ねてみた際には絶版と聞いていたのですが、今回調べていただいたところ、そうではないことが分かりました。
          あらためてネットで確認してみようと思います。

          『恵文社』さんを出て、カフェ『つばめ』さんでランチを・・・と思っていたら満席。
          性格上「待つ」のも「並ぶ」のもムリなので『アカツキコーヒー』さんへ。

          ラーメンの『天下一品総本店』さんにも惹かれましたが、結構離れていたので今回はなし。

          『アカツキコーヒー』さんのランチも珈琲も美味しかったのですが、やっぱりお昼ご飯にパンでは足りないワタクシ・・・。
          「もう一食イケるな・・・。」と思いながらてくてく・・・。

          とりあえずお腹の状態に耳を傾けながらラーメンの方角へ。
          「ああ、そういえば『恵文社』さんでこの辺りの地図をいただいたな・・・。」
          この地図との出会いが、思いがけずその日の私の一日を濃厚なものにしてくれたのです。
          その名も『左京ワンダーランド』なるスタンプラリー付きの観光地図。
          カワイイお店が盛りだくさん紹介されていて、その中の3店舗でスタンプをもらうと、くじを引いてプレゼントをもらえるのです!

          白川通沿いのお店を、地図を片手にあっちに渡りこっちに戻りしながら堪能。
          た・の・し・い~!!

          ギャラリー&カフェ『Black bird White bird』さんでは無料のアート作品展示があっていました。
          展示をしていたのは素敵なアート集団『なりゆきサーカス』の方たち。

          皆さん個性的でそれぞれに魅力的なのですが、特に私好みだったのが、イラストレーターのノダマキコさんの作品。
          人間が登場するイラストは基本的には好きではないのですが、ノダマキコさんの作品の「無造作にスケッチしたかのようなゆる~いライン(もちろん無造作ではないのでしょうけれど)と、淡い色彩の色組みセンス」が断然魅力的で、超好みだったのです。

          さて、二階の作家さんの作品のショップを楽しみ、自家製はちみつレモンのソーダ割りをいただいて次なるお店へ・・・。

          と、歩いていくと、急に人だかり。
          通りすがりの『京都造形芸術大学』で、文化祭の真っ最中でした。



          芸術大学の文化祭なんて!
          想像しただけでワクワクです。
          早速お邪魔してみました。

          入り口には和紙でできた超巨大キリン。


          中には巨大なロボットが。


          今にも動き出しそう!
          しかもたまたま階段の横の窓から光が差し込んでいる様子が、目から発射されるビームのよう・・・。
          他にもたくさん楽しい作品展示や催しがあっていて、面白かったです。

          さあ、まだまだ先をてくてく・・・。
          無農薬・無化学肥料のお野菜を販売されている『スコップ・アンド・ホー』さんで「市居みか」さんの絵葉書と手ぬぐいを購入。
          柔らかい温もりのあるタッチのイラストで、モチーフが猫だったのでキュンと来ちゃいました。

          そして小柄で可愛い店主さんの小さなお店『ちせ』さんへ。
          おつまみ作りに活躍しそうな個性的な自家製ジャムと、二階の屋根裏展示スペースで展示販売されていたハバネロソースをGET!

          「あ!スタンプ揃った!!」
          可愛いマッチ箱のくじを引くと、「大当たり~!」。
          首から下げる、和紙の携帯ケースをいただきました。

          手に持ってウロウロしていたスマホを入れると、サイズもピッタンコ!
          すぐに首から下げました。

          その後は今出川通を百万遍の方向へ進み、『シサム工房京都本店』を楽しんで、地図を卒業。
          もう既に薄暗くなりつつある中、予約していた先斗町の今夜の晩御飯『侘家 洛中亭』さんへまっしぐら。

          今夜の晩御飯は串揚げです。
          ストップかけるまで次から次へと変わり種の串揚げが登場してきます。
          カウンターでスパークリングワインを飲みながらパクパク。
          次はどんな「変わり種」が登場するのかを楽しみに想像しながら、時折聞こえてくる両サイドのお客さんの会話をなんとな~く聞いて楽しみながら食べ進むうちに、途中食事のお供は赤ワインに・・・。
          好みを伝えたら、カウンターの中のお店の方が選んでくださいます。

          そして我ながら予想通りでしたが、ストップをかける間もなく、最後の串までいただいてしまいました。

          隣ではカッコイイ50代くらいの女性2人が盛り上がっています。
          どうも話の内容から(どんどん声が大きくなってたので耳をそばだてなくっても丸聞こえだったので)、お一人は作陶をされる作家さんのよう。
          お二人ともアートに携わっておられるふうな会話です。
          反対隣りは、やはり50代くらいの仲良しご夫婦のよう。

          おひとり様カウンターもなかなか楽しいもんです。
          お店の方の気配りもとっても気持ち良かったし、デザートも美味しかったし。
          なにせ変わり種串揚げは、まったく気を抜けないほど楽しませてくれました。
          誰かとこの楽しみを共有するのもいいけれど、話に夢中で無意識に食べちゃうのはもったいない!
          またいつかひとりでお邪魔したいと思うお店でした。


          いよいよ明日が京都最終日。
          さて、まだまだ時間は宵の口ですが、今日の入浴剤を買って、ホテルに戻って足を休めよう。



          先斗町をてくてく、てくてく・・・。

          あ~長い一日だった!(悦!













          | たまには旅へ・・・ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 557LOVE - -
          京都行ってました。 22:36
          0


            9月の中旬に大阪出張が入ったので、ちゃっかり1日休んで連休とくっつけ、京都に行ってきました。

            最近あまりにも忙しく、大事な旅の楽しみである「事前の計画」を一切立てられなかったので、とりあえず同じホテルを3連泊で予約しました。

            さて、仕事から解放されてホテルに入ったらすぐに夕食をどうするか検索。
            ノープランもなんのその、一人遊びは慣れっこです。

            知らない土地での食事の急場しのぎには、私の場合「インド料理」「タイ料理」「ベトナム料理」「沖縄料理」などから選ぶと、まず大ハズレ(失礼!)は免れます。

            せっかくの京都ですが、行き当たりばったりでガッカリしたくなかったので、今回は「沖縄料理」。
            アグー豚のしゃぶしゃぶと島らっきょう、そしてビールでまずは仕事の疲れを払拭しました。

            さて、ホテルに戻る途中のセブンイレブンで早速『”ツウ”好みの京都本~京都の街に一歩踏み込む最強ガイド~』を購入。
            今からが本領発揮です!

            翌日は早速ガイド本に載っていたカレーを食べに二条駅へ。
            『森林食堂』さんのコレ!↓


            お・い・し・い~♡
            焼きトマトのトッピングもイイ!!

            ガイド本を大きく開き「コレ!コレ食べに来ました!コレください!」
            ほんわかした雰囲気のおねえさんがジャジャジャ~!!といい音を立てながら作ってくれます。
            普段はお店で写真を撮らせていただくことの少ない私ですが、おねえさんの雰囲気に甘えてお断りを入れてパチリ!



            ゆる~い感じの店内も、なんだかとっても落ち着きます。
            近所にこんなお店あったらいいな~。

            店内に販売してあった手作りのマグカップの、気難しい?表情の猫ちゃんがあまりにもキュートだったので購入しました。

            眉間にシワ?



            いかにも『森林食堂』さんらしい木がモチーフのマグカップ。

            せっかくだからと事前にネットで調べていた二条駅近くのカフェ『ムギ』さんで特製パフェを食べ、近所を散策して移動。

            その日の夕食はおばんざいのお店『いしかわ』さん。
            でも予約した時間にはまだまだ早すぎます。

            そのまま市役所周辺へ移動。
            京都ホテルオークラのカフェでもある『あん カフェ ル プティ・スエトミ』さんへ。
            カフェ利用はしませんでしたが、お目当てのお菓子をGET!



            見た目も美しいこのお菓子。
            糖の衣でコーティングされた中は、なんとも上品な洋酒の香る寒天仕立て。



            この素敵な色合いと形、すりガラスのような独特の透明感。
            すっかりファンになりました!

            市役所辺りから河原町通りを丸太町方面へてくてく・・・。
            途中、紙モノのお店でカードや絵葉書を購入したり、閉店セールの洋服屋さんに飛び込んでみたり(そこでは「トカゲが~!!」と大騒ぎしているおばさまに遭遇。カワイイヤモリの赤ちゃんを無事外へ救出しました。)、雑貨屋さん?『kit』さんではオリーブの木の小さじとクッキーを購入。
            翌日の朝ごはんに。

            京都は碁盤の目のように道が整っているので、違う道を通りたくって一本道をずらしても方向を見失わないところがいい!

            偶然通りかかって入ってみた『村上開新堂』さんのクッキーも1種類ずつ購入してみました。
            昔ながらのクッキーの見た目のノスタルジックさも、包装紙のデザインもとっても魅力的で、長崎に帰ってから食べたクッキー生地のサクサク感とキメの細かさ、素材の持ち味を活かしたいい意味での素朴さもかなり上質!!
            美味しかったです。
            また食べたい!

            いっぱい歩いてくたびれたので、今度は老舗カフェでコーヒーブレイク。
            『六曜社地下店』へ。
            「うわー!タイムスリップ~!」
            一人でキョロキョロしながらもカウンターでコーヒーと手作りドーナツをいただきました。
            久しぶりのドーナツでしたが、これまた素朴で甘さ控えめ。
            サクサク食感の、いわゆる「オールドファッション」っていう種類なのかな?

            さて、夕食のおばんざいはカウンター。
            実は前日の夜、ネットでヒットしていたので、ダメもとで沖縄料理に行く前に電話を入れてみたのですが、予約がいっぱいでお断りされていたのです。
            翌日の午後、すぐに予約してバッチリOKをいただいていたのでした。
            細い通りの途中から更に細い道筋に入り込むはずが、入り口を見つけきれずに何度も往復。

            まったく思い込みって良くないもんです。
            地図では普通の細い通りと同じ表示だったのですが、実際にはその通りごとお店の入り口のようなもので、敷地内の細いエントランスなのでした。



            奥の明かりが玄関。
            入り口からワクワクしてしまいます。

            カウンターにはずらりとおばんざいが並んでいます。
            まずはビールで喉を潤し、あれやこれやと注文。
            どれも手作りの温もりのある身体に優しいメニューです。

            京都らしい生湯葉のお刺身と、せっかくなのでと京都の地酒(日本酒)をいただいて満喫。
            一人にしてはたくさんの種類を食べれたように思います。
            大食漢で良かった!
            パートナーも一緒だったらもっともっとたくさんの種類を堪能できたのにな~などと欲を膨らませながらお店を後にしたのでした。

            出張一人旅のささやかな楽しみである変わり種入浴剤をコンビニで購入してホテルへ。


            今回の旅行でのもう一つの楽しみは、遅ればせながらスマホで電子書籍を購入して、全ての移動中や入浴タイムに読書を楽しめたこと。
            平日には「ムリ~!」と決めつけていた読書タイムをちょっとした空き時間にできたこと。

            ちなみに今回の出張中に読み上げたのは、ドラマではとても見る時間が取れなかった巷の話題作「半沢直樹」が主役のシリーズ二冊。
            半身浴でふやけるほど読みハマってしまいました。

            まあ・・・、そんな時間があったら、読むのが追いつかずにどんどんたまる一方の日経電子版を読めって話ですが・・・。

            つづく・・・。









            | たまには旅へ・・・ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 557LOVE - -
            夏の締めくくり!ステテコーズ参上! 23:45
            0



              8月30日、31日。
              夏の締めくくり女子会開催。

              簡単に説明させていただくと、
              「楽しく飲んだくれて、夏を惜しみながら大人花火を満喫する会」です。

              会員にはユニフォームがあり、それは大人女子のくつろぎの為の必須アイテム、『ステテコ』であります。

              参上!ステテコーズ!!


              この日は台風が接近していた為、もう一人のメンバーである福岡のおなじみ「居候Nちゃん」がJRの路線冠水被害により来れなくなりました。
              残念!!

              さあ、花火の時間・・・。
              Aちゃん持参のこ~んなキュートな花火もあります。


              バケツに張った水の上では金魚花火が走り回ります。


              強風の中、線香花火を楽しみ、「今日は無礼講なんだもんね~!!」と、大人げなく花火を振り回し、花火大会終了・・・。






              翌朝はAちゃんのお誕生日でもありました。

              朝昼兼用ごはんを食べ終わってゆっくりして、もう14時くらいだったでしょうか。
              「あれ?宅急便屋さんが来たよ・・・。」

              なんと、Nちゃんからのケーキが到着。


              「Nちゃんもここにいて一緒に食べるはずだったのにね・・・。」
              「昨日は何時間くらい駅で足止めくらってたんだろう・・・。」
              「おうち帰れたのかなあ・・・。」

              こんな時、ブチブチつぶやく私の心の奥底をしっかりキャッチしてくれるのがさっすがパートナー!(ハイ。ノロケてます。)

              「よし!福岡行くか!そうしたいんやろ?行って一緒に食べたいんやろ?」
              「うん!」

              他の二人が「い、今からですか?」と驚く中10分後には出発。
              野外で楽しめるコーヒーセットを持って福岡へ。

              途中、高速道路も冠水していた為、下道に降ろされつつも無事到着。

              「ケーキありがとう!せっかくだから一緒に食べよう!」
              「ありがとう・・・。でももうどうしようもないからH家のおいしい珈琲と一緒に食べて・・・。」
              「え?珈琲もあるよ。もうすぐ着くよ。」
              「ええええええ~!!」

              無事にステテコーズ四人衆プラスパートナーで公園での野外パーティーとなったのでした。


              せっかく来たからと、博多ラーメンを食べ・・・


              更に帰りには佐賀に寄り道して夜のおやつ♡パフェを満喫!


              突然福岡に連れてきてしまったAちゃんとHちゃんも楽しそうにしてくれててホッ。
              とっても慌ただしくって楽しい夏の締めくくりでした。

              | 日々のこと | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 557LOVE - -
              本日、ベトナムパーティーなり! 23:00
              0


                写真はベトナム料理の『 フォー』。
                お米のでんぷんが原料の麺のスープ。
                今回は『牛肉のフォー』です。


                今日のランチは、友人Yさんと一緒に遊びに来てくださったベトナムからの留学生お2人によるベトナム料理尽くし!
                またまた幸せな食卓が実現しました。

                もう1人、一緒に来てくださった学生さんも一緒に、クッキングスタートです!



                みんなで手分けして、野菜を刻む、刻む、刻む・・・!
                そう、ベトナム料理には野菜がたくさん登場します。


                私とパートナーの新婚旅行はベトナムでした。
                そもそも大好きなベトナムのお料理。
                でも家庭料理としてのベトナム料理も、目の前でできていくのを見るのも初めて!

                もう10年ほど前になりますが、旅行で訪れた際にも、野菜の多さに驚いたものでした。
                当時は鳥インフルエンザが騒がれていて、食堂では鶏肉を使ったフォーだけが販売中止になっていたのを覚えています。



                茹で上がった麺は、念入りに流水で洗います。
                「へ~!日本のうどんやそうめんのみたい・・・。」



                こっちでは『冬瓜のスープ』の準備。
                パートナーが皮剝きを手伝った際、「あ!厚すぎます!そこが美味しいのに!」と注意が入りました。
                「へ~!日本では厚く剝いてコロッとした塊に切るのに。違うのか・・・。」

                冬瓜の皮はピーラーで薄く剝き、そのままピーラーで透けるほど薄くカットしていきます。
                確かに皮の近くは栄養があって美味しいかもしれませんが、堅いので日本では厚く剝くのでしょう・・・。
                今回のように全体を薄くカットするのであれば、皮の食感もむしろアクセントになるのかもしれません。
                食材の扱い方の違いが面白い。



                こちらではみんなで包んだ春巻が揚がっていきます。



                パリパリ〜!
                我が家と同じく、彼女たちはこの春巻の具材に使った鶏肉を、初めからひき肉を買うことなく、塊から包丁で叩いていました。
                もしかしたらベトナムでは「ひき肉」状での販売がないのかもしれません。
                いや、もしかしたら「ひき肉」状態での販売があるのって日本だけだったりして!



                ちょっと目を離している間に一品出来上がっていました。

                ボイルした手羽先をニョクマム(タイでは「ナンプラー」。日本では「魚醤」。)や香辛料で味付けし、レモンの搾り汁を加えたもの。
                ニョクマムの旨みを十分に感じさせながら、最後にレモンで仕上げてサッパリとさせてあり、美味しい。
                同じ味付けながら、意図的に胸肉を裂いたものを添える演出もニクい!!

                やがて食卓はこんなに賑やかに・・・。


                今回のメニュー構成にも驚きました。
                なんと!スープだけで4種類もあるのです!

                普段の食事ではどうなのか尋ねると、「毎回スープ2種類は食卓に上がる」のだとか。

                今回のスープは『牛肉のフォー』『冬瓜のスープ』『トマトのスープ』『カボチャのスープ』。
                干しアミ(小さな干エビ)の出汁が効いているものや、八角(アニス)の風味が効いたものなど、どのスープも特徴的で、それぞれに美味しい驚きが満載でした。

                「春巻につけて。」と勧められたディップ。


                ニョクマムとカボスの搾り汁がベース。
                目にも鮮やかで、唐辛子の香りが食欲を掻き立てます。
                (この唐辛子は辛くはありません。)

                「茹でた野菜に。」と勧められたディップがコレ↓。


                こちらもベースはニョクマムですが、使う際には茹で卵をディップに潰して混ぜます。
                すると途端にまろやかな味わいに・・・。
                これまたニクい演出です。
                料理の彩り、盛り付け方などにお国柄の美意識を感じます。

                彼女たちは最後まで悔しがっていましたが、今回バジルを使った部分には、本当は「コリアンダー(タイでは「パクチー」。中国では「香菜」。ベトナムでは「らうむぅい」?)」を使う予定だったのだとか。

                日本では見付けにくい香り野菜です。
                日本での位置づけは「三つ葉」ってところでしょうか。
                しかし登場頻度でいうと「葱」かな。

                我が家でも大好きなので、今までに何度も苗を探しましたがなかなか見つかりません。
                それでも今回の『バジル』での代用、なかなか良かったのでUCHIでもバジルで応用しようと思いました。

                私が外国で「日本の料理作って〜!」と云われたとき、はたしてこれらに匹敵する品数を揃えられるだろうか・・・。
                全く自信がありません。

                まだ学生でありながら、他国でこんなにも自分の国の特色を表現できるなんて!!
                とても素晴らしいことだと思います。

                明るく礼儀正しい彼女たちに接して、ますますベトナムという国が大好きになりました。
                そして、誰かに「あなたと出会ったことで日本という国を大好きになった!」なんて言われるようになりたいな〜!なんて、思ってみたりして・・・。
                ちょっと我が身を振り返って(反省して)みる機会にもなったようです。


                彼女たちとは他にも色々な話をしましたが、それはまたあらためて・・・。

                おごちそうさまでした!
                ありがとう!!










                | 食卓にまつわること・・・ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 557LOVE - -
                久しぶりの精霊流し・・・ 23:06
                0


                  光の河に爆竹の咆哮・・・。
                  精霊流しの時に長崎市内に居るのは何年ぶりだろう・・・。

                  今年の1月、大好きな大好きな祖母が逝ってしまいました。

                  ひょうひょうとしていて、誰とでも気さくに交流するけれど決して深くは交わらず、基本的には一人が好き。
                  次から次にジョークが飛び出し、きっぷがいい感じなのにその反面とても几帳面。
                  かわいいモノや面白いモノが大好きで、物は溢れていたけれど、台所はいっつもピカピカでした。
                  お花が大好きで、花が咲く度に「ほら!やっと咲いたとよ!見て~!写真撮って~!」
                  行きたい場所や欲しいものは素直に口にする。
                  遠慮はしないけれどとっても喜び上手!
                  アイデアマンで抜群に器用!

                  なかなか自己流に人生を楽しんで逝った人だと思います。
                  そう思えることが救い・・・。

                  記憶の限り小さな頃の私にも、祖母は決して大人目線ではなく、同等に接してくれました。
                  友達みたいに一緒に楽しみ、ケンカもしました。
                  「この世で一番祖母に嫌われることが悲しい」と思った私は、ケンカ(100%私のワガママによるもの)の後には、一生懸命謝ったのを覚えています。
                  もちろん祖母は「まあよかさ!」と、すぐに許してくれていましたが・・・。

                  ほかの大人のように頭の上から諭すようなことはなく、頭から否定するようなこともなく、
                  庭で遊ぶ私にアリの行列の作り方を教えてくれたり、割りばしゴム鉄砲の作り方を教えてくれたり、まな板替わりのかまぼこ板と小型のナイフでのおままごともさせてくれていました。

                  子供の私に、「私はおかずを先に食べて最後にご飯と漬物を食べると。これが私流!」と、決して三角食べをしなさいとも言わなかったし、「へーえ!あんたはそんなするとー。面白かねー!」と、私の子供ながらの自己流を、決して否定することはありませんでした。

                  私が親に怒られると、私にこっそり「あんまりひどく怒ったらいかんとにね。怒られんように次はどうやってごまかそうかって、子供は一生懸命嘘を考えるようになるとにね。」「だってウチ(私)が子供の頃そうやったもん!」って(笑。
                  きっと向こうでもひょうひょうと楽しんでいることでしょう。


                  パートナーが、一緒に精霊船を作ってくれました。
                  抱えて持てるくらいの小さな船ですが、祖母も本当にパートナーのことが大好きだったので、きっと大喜びのはず!

                  私も紙花を作って飾り付け、船の中にはお花をたくさん入れました。





                  薄暮時のパレード。
                  にぎやかなのに物悲しい・・・。
                  威勢がいいはずなのにスローモーションのように黙々と景色は流れていく・・・。




                  やっぱり長崎の精霊船流しは特別です。



                  | 日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 557LOVE - -
                  あだむくっきぃ!! 23:00
                  0
                     

                    『アダムさん直伝!!あだむくっきぃ』
                    福岡のマリノアシティ内にある「九州のムラ」・・・、だったかな?

                    九州各地の特産品や加工品を揃えたお店で見付けたクッキー。
                    もう!ひとめボレです!

                    この謎の集合体とそれぞれのたどたどしいまでの素朴さ加減!
                    胸キュンです!

                    味も素朴~。
                    卵がふんわり香るノスタルジックな風味。

                    宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町で製造されているもよう・・・。

                    みんな!くつろぎすぎやろ!!!
                    | おすすめです! | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 557LOVE - -
                    あ!!夏になっちゃった! 23:26
                    0


                      ちょっと逃避している間に夏になっちゃっていました・・・。

                      写真はカシスとミルクのかき氷。
                      昨夜、『長崎港まつり』の花火を眺めながら、実家に持ち込んだかき氷機で楽しんだ「美味しいひととき」。
                      窓から眺めるちょっと離れたところからの花火もなかなかいいモノです。



                      「逃避」といっても、私の場合は家にこもっていたわけではなく、むしろ平日の仕事が忙しすぎて、その反動で休日に目一杯遊びすぎた「逃避」です。

                      美味しいモノも純粋に楽しみすぎて写真を撮る気になれず、睡眠時間ギリギリまで遊ぶせいでパソコンにも向かわず・・・。
                      福岡や熊本や佐賀などにびゅんびゅんびゅ〜んと飛び回っていました。
                      釣りも行く度に百発百中!船頭さん、さっすが〜!!

                      頭の片隅ではまるで宿題のように「『夏のUCHI海ASOBI』をどうするか・・・」と悩みつつ・・・。
                      そのまま夏を迎えてしまいました・・・。



                      今年の『夏のUCHI海ASOBI』。
                      もしももしも、楽しみにしてくださっていた方がおられましたら本当に申し訳ありません!
                      やっぱり今年は開催できそうにありません!

                      昨年に続き今年も初盆。
                      実家は一応本家なので、ゆっくり過ごすワケにもいきません。
                      小規模開催も考えましたが、そうこうするうちにもう準備も間に合いません。
                      夏の課題、「熱中症対策」の日よけ問題も解決していません。
                      適当な規模、イベントを通じての地元との関わり、いかに心地よく楽しんでいただけるか・・・。
                      もっともっと納得のいく形で、もっともっと私自身がワクワクしながら企画出来る環境を整える必要があります。
                      基本的には「独りよがりであるという自覚」をきちんと謙虚に持ちながら・・・。


                      最近の、ついつい仕事に熱中して頑張りすぎてしまう自分も決して嫌いではありません。
                      「仕事がおもしろい」なんて、とっても幸せなことだと思うし。


                      ゆっくりした気持ちの時に大事に過ごしたい時間ってありますよね。
                      バタバタと訪れたくはない特別な空間・・・。
                      なんとなーく今年の仕事のメドもついてきたし、すっかりご無沙汰していたあのお店やこのお店にも顔を出してちょっとひと息つけるかな・・・。
                      お盆の時期は忙しいけれど、基本的にはちょっとスローな夏を過ごせそうです。

                      今年の冬にはピザ窯を制作予定!!
                      次の楽しい夏に向けて、しばらく充電します!

                      ブログはぽつぽつ続けます。
                      良かったら時々覗いていただけると嬉しいです。

                      あ!イベントでなくとも海ASOBI、歓迎です!
                      声かけてくださいねー(*‘∀‘)ノ



                       
                      | 日々のこと | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 557LOVE - -
                      | 1/19 | >>