UCHI海ASOBI 

ASOBIをせんとや生まれけむ、
      たわぶれせんとや生まれけん、

 大村湾の静かな浦の、小さな催しのご案内。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
洋食屋ゴーシュのスープ教室 00:32
0


    楽しく無事終了しました!
    ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

    ご挨拶で始まった料理教室。



    さあ!まずは分量を量ってカット!

    あれ?ママのまねしたがりの可愛い子ちゃんが混ざってるぞ〜

    え!お野菜は一度蒸し器で蒸すんですか?

    へ〜!オーガニックのホールトマトをいったんミキサーにかけて濾して種を外すんだ!
    こんな手間かけたことない・・・。

    弱火が大事!ゆっくりじっくり素材の味を引き出します。

    火入れのコツを習うため、コンロの周りに集合!



    冗談を交えながらの解説に思わず笑いも!

    わ!スープ以外にドレッシングも教えていただけるの?
    ルッコラのドレッシング♡

    今回は特別にスープ以外のメニューもご用意いただけました。
    ひとつ目のスープ『雑穀と根菜のスープ』にみんな舌鼓!!
    ゴーシュの中島シェフも満面の笑み!


    2つ目のスープ『かぶのクリームスープ』には贅沢な二種類の味付けの豚肉が!
    ヒレとバラ、どちらにも独特のスパイスの風味が効いています!
    スープをいただく途中で、お肉をほおばる度に異なるスパイスの香りがはじけて深みのある味わいになります。

    サラダには予めアクセントとして用意されたカブの煮込みと塩麹で和えたイタリア人参。
    上には『ルッコラのドレッシング』。

    素敵な前菜。
    『鱸(スズキ)と黒キャベツのケークサレ』。
    ケークサレにお魚を使ってあるのをいただくのは初めて!
    濃厚な旨味で美味しい!

    佐賀牛のストロガノフ。
    酸味、風味、自然の旨味・・・最高です!
    下には絶妙な茹で具合のショートパスタ。

    ゴーシュさんが選んだこだわりのコーヒー豆も登場!
    かなり荒めに挽いた豆を通常の二倍ほど入れてゆっくり時間をかけて抽出するのだとか。
    中島シェフの妹さんの珈琲を淹れる腕前はかなりのもの。

    そして小麦の酵母で焼き上げたパンに続き、同じく小麦の酵母で焼き上げたパウンドケーキ登場!

    この幸せな時間に更に嬉しいサプライズが!
    以前、春の『UCHI海ASOBI』でも登場いただいた、アイリッシュホイッスルの立石さんが美しい音色でカフェタイムを盛り上げてくださいました。

    せっかくなので灯りを落としてキャンドルナイトに・・・。

    楽しい時間。

    洋食屋ゴーシュのお二方、本当にありがとうございました!
    とっても幸せな時間を過ごすことができました!
    お手伝いしてくれたすべての皆さん、ありがとう!
    ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!

    大人の時間をさりげなく配慮してくれたちびっ子の皆さん、ありがとう!

    初めての料理教室企画でしたが、いただいたアンケートを基に、これからの在り方を勉強して改善して、より心地よい場が作れるよう、努力することを誓います。

    最後に。
    いつも協力し、支えてくれるパートナー、本当にありがとう!!












    | 洋食屋ゴーシュのスープ教室with | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 557LOVE - -
    『洋食屋ゴーシュのスープ教室』の準備着々! 14:00
    0

      『洋食屋ゴーシュ』さんの入り口付近の壁にあるタペストリーです。
      愛嬌のある動物達が迎えてくれます。

      いよいよ今月23日に迫ったスープ教室。
      お申し込みは発表してすぐに一杯になって締切っていました。
      さすがです!

      先週末、「スープは火加減が大事だから」と、洋食屋ゴーシュのシェフ達がUCHIに下見に来てくださいました。
      そしてなんと!
      実際にスープを作ってくださいました!

      ゴーシュスープの特徴のひとつはスパイス使いです。
      最初に炒めて香りを出してから使う始めのスパイス。
      タイミングを見計らい、途中で加えるスパイス。
      最後に炒めたスパイスを香りの移ったオイルごとジャジャ〜っと加えます。
      (ここでまた更に深く香り立ちます!)

      実際に初めてゴーシュさんの料理の現場に立ち会ってみると、本当に驚く事の連続でした。

      たとえばゴーシュスープのもうひとつの特徴ともいえる「豆使い」。
      「豆を下茹でする」となると茹で汁は当然捨ててしまうところですが、ここがまず違う!

      「豆からよか出汁の出るとよ」と丁寧に丁寧にアクをすくう中島シェフ。
      「あ!『茹で汁』じゃなくって『だし汁』なんだ!」と驚く私。

      火加減にしても食感へのこだわり技にしても、驚きの連続です!

      そう、ひとつ心配だったのがUCHIのコンロが業務用だったこと。
      シェフに相談すると、スープの煮立つ音や、目で見た表面の動き具合で見極めるように教えてくださるとのこと。

      そういう感覚的なことを学べる機会こそが料理教室の醍醐味です!
      確かに今はオール電化などで、ガスコンロですらないお家もあるでしょう。
      レシピ本の「弱火」「中火」などの表示も、お鍋の素材によって熱伝導率が違ったり、お鍋の口の広さで蒸発する水分や熱の逃げ方が違ってくるのであてにできない一面があります。
      シェフの頼もしい一言に、心から安心することができました。


      中島シェフの細やかな手仕事にかかると、野菜とお豆とスパイスがこんなにも深い味わいをもたらしてくれるなんて!
      ベジタリアンの方にも嬉しいレシピです。

      当日はゴーシュのパンやサラダなどもつきます。
      また、デザートや珈琲もこだわってご用意いただけるとか・・・。

      当日にはまたしっかりレポートさせていただきます。
      ご参加予定の皆様、期待してお越しくださいね!









      | 洋食屋ゴーシュのスープ教室with | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 557LOVE - -
      | 1/1 |