UCHI海ASOBI 

ASOBIをせんとや生まれけむ、
      たわぶれせんとや生まれけん、

 大村湾の静かな浦の、小さな催しのご案内。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
クリスマスを前に・・・ 22:33
0



    キャンドルナイト、再び・・・。

    家じゅうのキャンドルをツリーの周りに寄せました。
    まるで祭壇のよう・・・。

    このオレンジ色の灯りには本能的に癒されます。

    オリンピックの聖火ではありませんが、ロウソクの灯をともすと、遠い昔の人々と同じ灯を共有しているような不思議な気持ちになります。
    星を見上げるときと同じような気持ち・・・。



    一番左のロウソクは和ろうそく。
    以前水俣を訪れた際に連れ帰ったモノです。

    手前であんぐりと口を開いているのは銅で出来たカエルの置き物。
    中通りの骨董屋さんで一目惚れしたものです。
    逆光で写っていませんが、口の中には指輪・・・に見立てたモノが入っています。

    猫の形の香水入れの首輪部分をイタズラ気分で入れてみました。
    『うっかり王女様の指輪を呑み込んでしまったカエルの話』って、ありそうでしょ?
    いやいや、あくまでも私の妄想ですが。

    たまたま覗きこんで見付けた子供さんとかも似たような妄想をしたら面白いな〜っていう、やっぱりイタズラのようなものです(笑。



    あ!天井に素敵な影が!!

    UCHIのツリーはクリスマスの朝にUCHIの前に流れ着いていた流木に、ガラスのオーナメントをぶら下げたもの。
    私は、モクレンのように葉がない状態で枝に直接花が咲くシンプルな植物が好きなので、シンプルなこのツリーが大のお気に入りです。

    映った影は、なんだか柿の実がなっているようにも見えますね。

    今年は干し柿を作る時間はなさそうですが、柿はどうやら当たり年。
    作れない年は、色々な方が作った色々な種類の干し柿を買って楽しみたいと思います。
    そういえば韓国の釜山では、ものすごくたくさんの種類の干し柿を扱った屋台が冬の風物詩なのだとか・・・。
    日本より寒いでしょうからきっと綺麗に仕上がるのでしょうね。

    また釜山に行きたくなりました。


    | 日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 557LOVE - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://uchiumi557.jugem.jp/trackback/219
    << NEW | TOP | OLD>>