UCHI海ASOBI 

ASOBIをせんとや生まれけむ、
      たわぶれせんとや生まれけん、

 大村湾の静かな浦の、小さな催しのご案内。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
八女ってスゴい!!〜その4〜 21:48
0
     

    ところで・・・、本来の目的の『もんぺ博覧会』はどうだったかといいますと、思ったよりも小ぶりな会場ではありましたが、素敵な柄のもんぺもんぺもんぺの数々・・・。
    いっぱいいっぱい目移りしながらも、既に2着持っているのでがまんがまんで1着だけセレクトして大満足でした。
    これから毎年足を運ぶつもりまんまんだし。

    しかし、若い人向けの提案的な試みだと思っていたので意外に感じたのですが、結構ご年配のおばさま方が普通に「もんぺを買いに」来ておられるふうでした。
    たまたまその日がそうだったのかもしれませんが、もっとおしゃれな若い人がたくさん来てるのかな~って思っていたので・・・。

    私は数年前から絣のもんぺの魅力にぞっこんだったので、「ニッポンのジーンズを目指して」という『もんぺ博覧会』のテーマに大賛成で、かつ日本の高温多湿風土にはジーンズより断然久留米絣の生地が合理的で、柄も断然カッコイイ!!と思っているのですが、よく見るとこの催しも3回目のようなので、まだあまり知られていないのかもしれませんね。



    八女の伝統工芸のひとつ、竹細工もとっても魅力的です。
    「いつか絶対に欲しい!!」と思うような、竹細工の運命の?椅子にも出会いました。
    地元の竹細工の職人さんが、形や強度について、今尚研究しながら制作しておられます。
    その造形がとってもシンプルかつアーティスティック!
    そして一番大事な座り心地、最高!!

    町屋をブラブラ探索していたら、偶然その椅子の職人さんのお店に辿り着いて、お話をうかがうことができたのです。

    竹製品は「カビ」が心配でしたが、その方から一言。
    「じゃぶじゃぶ洗えばいいんですよ。」
    「あ、いいんだ・・・。(目から鱗が・・・)」
    「竹のざると同じですよ。」
    「あ、そっか。そういえば・・・。」
    あっけなく不安解消。

    その椅子は竹だけ(しかも皮部分)で出来ているので、丸ごと洗えるのです。
    う~ん、またもや「運命の出会いか?」と、早速悪い癖が出そうでしたが、それを察したパートナーが「椅子だらけになるよ。」と牽制攻撃。
    ちょっと大きな買い物した後だし、これからきっと八女はちょこちょこ訪れるはずだし…。
    かろうじて我慢できました。


    そして・・・もうひとつ、偶然入ったお店で驚きの再会が!!
    町屋の中のお店のひとつ『手仕事ビワニジ』さん!
    (写真は別の方のブログから拝借しました。すみません!)


    実は昨年冬。
    以前から行きたくてたまらなかった福岡のお店(今までに2回行ったけど閉まっていた)『あまねや工藝店に、おなじみ居候Nちゃんとお邪魔していました。
    案の定、期待通りの大好きな工芸品の数々に、大興奮でお買い物したのですが、その時『あまねや工藝店』の2階で作品展をしておられたのが、人形・刺繍のアーティストであり『手仕事ビワニジ』の店主、川島怜未(レミ)さん。

    その日は『あまねや工藝店』の親しい仲間内での忘年会だったようで、お買い物した品を包んでもらっている間にちょっと隣のお店を探索し、戻った私達は、光栄なことにそのまま『あまねや工藝店』さんの忘年会(正確には忘年会の始まりを待てずにフライングで始まったプレ忘年会)にお呼ばれしたのでした。

    素晴らしく美味しいおつまみと、ワインを数杯いただき、素敵な店主ご夫婦とお友達のアーティスト(イタリア在住の男性)の方と居候Nちゃん(実は10か国以上を旅して回っている)と車座になりながら、まだ2階で個展があっているにも関わらず、話が弾む弾む!
    そのうち合流して来られる、本来忘年会にお呼ばれしているこれまた素敵な方々ともお話しながら、「あるイベントで夕食(演奏会付き)を予約してしまっている」ことを告げ、後ろ髪引かれる思いで、既に真っ赤な顔の私達はその場を発ったのでした。

    おみやげまで頂いたにも関わらず、まだそのご恩返しは出来ておりません・・・。
    必ずや・・・!!!

    ・・・話は長くなりましたが、いつか行きたいと思いつつ、八女で偶然入ったそのお店が『手仕事ビワニジ』さんで、尚且つ店主の彼女が私のことを覚えてくださっていて、驚きの再会と相成ったのでした。

    今回いただいた彼女の作品。


    実物の色彩の美しさが十分に出せず、悔しい写真ですが・・・。

    彼女独特の世界感、色や柄の組み合わせのセンス、素晴らしく魅力的な作家さんです!
    八女の町を訪れる際には是非彼女の感性に触れてみていただきたい。
    これにて、八女レポート終了です。

    『手仕事ビワニジ』
    八女市本町192−1
    土、日の11:00~18:00

















    | たまには旅へ・・・ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 557LOVE - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://uchiumi557.jugem.jp/trackback/255
    << NEW | TOP | OLD>>